M e n u



   L i n k s
KEK
高エネルギー加速器研究機構
PF
KEK IMSS 放射光科学研究施設
SBRC
構造生物学研究センター
KEK User Information
共同利用者支援システム

Uni-puckの準備

 Uni-puckを使用して実験を開始するときの手順です。準備するものや手順について紹介します。


Uni-puckへのサンプルの詰め方について

  1. サンプルを詰めるときの準備する。

  2. Uni-puckの蓋を取るには、LoadingToolのネジが付いている棒のほうをUni-puck中央のネジの部分にねじ込む。
    そこにLoadingToolのもう一つのパーツを差し込むと、Uni-puckの蓋を取ることができる。

  3. Dewarに蓋を取ったUni-puckを入れて、液体窒素を入れる。
    液体窒素はUni-puck上面から約1~1.5cm上までの深さで大丈夫です。 液体窒素はゆっくりと少しづつ注いでください。
      

  4. 着脱用のボタンが付いたマグネティックワンドを使って、 結晶をピックアップしたサンプルピンをUni-puckの中に素早く入る。
    サンプルピンは1番ポートから順番に入る。また、16番ポートまですべて入れる必要はない。
     

  5. サンプルを入れ終わったら、Puck Wandを使用してUni-puckに蓋を取り付ける。
    Bent TongsをUni-puckに固定してPuck Wandを回転させる様にするとはずしやすいです。
      


ドライシッパーへのUni-puckの詰め方について

  1. シッピングケーンには、半円状のガイドがある。

  2. Uni-puckには、半円状の凹みがある。
    シッピングケーンの半円状のガイドとUni-puckの半円状の凹みがあうように入れる。

  3. すべてのUni-puckを入れ終わったら、固定棒を入れる。

  4. 液体窒素がある場合のドライシッパーへのUni-puckへ詰め方です。



[戻る] [ページのTOPへ] [SBRC Homeへ]