ロボティクス

概要

構造生物学研究センターでは、タンパク質結晶構造解析を支援するための様々なシステムの開発を行っています。

タンパク質結晶化システム PXS

結晶化プレートへの分注、インキュベータでの保管、ドロップの写真撮影を全自動で行うシステムです。 スケジュールに従って撮影されたドロップの写真はウェブブラウザを通じて全世界から閲覧することが可能です。

結晶装填システム

独立行政法人産業技術総合研究所で開発されたマイクロハンドシステムを用い、ドロップの中の結晶をループに 装填するためのシステムです。遠隔操作での結晶のループ装填に成功しています。

サンプル交換システム PAM

ビームラインで実験ハッチに出入りすることなく、サンプルを交換するためのロボットです。 現在、BL-5A、BL-17A、AR-NW12Aに導入されています。各ロボットには高速なサンプル交換を実現したダブルトングが実装されています。

Google
WWW
SBRC内

ニュース

2010/06/11
PAMのマニュアル(245KB)を作製しました。

2010/05/28
ISDSB2010でPAMについて発表しました。

2010/04/27
「入門 構造生物学」(共立出版)発売中! PXS、PAMも載っています。

2010/03/17
現在RSSのテスト運用中。

2010/03/9
PFシンポジウムでPAMについて発表しました。

2010/03/08
PFユーザーグループミーティングでPAMの発表を行いました。

2010/01/08
放射光学会でPAMの発表を行いました。