結晶交換ロボット


概要 - ニュース - サンプルの準備 - 写真集 - リンク

サンプルの準備

クライオピンの準備

ベースはHampton Research社 CrystalCap Copper Magnetic 18mmを用います。
通常はこのベースに Mounted Cryoloop を装着して使いますが、一番ループに近いところの線でステンレスのピンを折って ベースに装着するようにしてください。

カセットへの装填

カセットにクライオピンを入れるには、写真(左)のようなキットを使うのが便利です。

写真(右)のように発泡スチロールの容器にカセットをセットします。 カセットの空いている穴にクライオピンを入れるのですが、液体窒素がある状態では、 穴に正確にクライオピンを入れるのは困難ですので、写真のような治具を使います。

Magnet-Wand の磁石の弱い方にピンを付け、結晶をすくった後、 一気にカセットにサンプルを突っ込みます。

これらの道具は、SSRLで開発されたものを使用しています。

ファイルの準備

カセットのどこにどういうサンプルが入っているのかをファイルに書き込みます。
このファイルは、ビームラインのソフトで読み込んで表示されます。
SSRLで用いているものと同じ形式のファイルです。
A1はSSRLでReservedになっています。ピンを入れないようにしてください。
getExcelFile.csv (19kB)

Last modified; 26-Feb-2007