• AR-NE3Aの利用が開始されました。HKL2000のパラメータファイルも公開しています。(2009/4/28)

  • PF,PF-ARのユーザー運転が4月中旬より始まっています。PFは一部の平日昼間を除き、マルチバンチトップアップ運転を実施しています。また、PF-ARは10:00,22:00の2回入射にて運転しています。(2009/4/28)

  • PFリングでは先週より、平日夜間、及び週末全日に連続入射によるトップアップ運転を試験的に開始しています。リング電流値が常に450mAに維持されることで、高強度で安定したX線ビームが得られるため、回折データの向上につながることが期待されます。(2009/2/9)

  • Q315rの不具合については解消し、現在正常に動作しています。不具合中にBL-5Aを利用されたユーザーの皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。(2009/2/9)

  • Q315rのCCDチップの一部に不具合が発生しています。詳しくはこちらをご覧下さい。(2008/11/21)

  • 遅れておりましたADSC Q315rが11/6に到着し、11/8よりBL-5Aで運用を開始しました。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。(2008/11/10)
  • ADSC Q315rの現地作業におき不具合が発見されたため、返送がさらに遅れることになりました。10/28からのBL-5AはADSC Quantum 4Rで運用します。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。(2008/10/27)
  • ADSC Q315rの作業遅れのため、現在BL-5AではNW12AのADSC Quantum 210rが設置されています。10/27にQ315rが戻ってくる予定です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。(2008/10/14)
  • BL-5AのADSC Q315がupgrade/overhaulに出発しました。秋のランからはQ315rになる予定です。(2008/07/01)
  • ビームラインの比較表を更新しました。(2008/02/04)
  • Q270で取ったデータの処理に関する注意点はこちらをご覧下さい。
  • BL-17Aに新検出器ADSC Q270を試験的に設置し、本日最初の回折データ収集を行ないました。明日よりテスト運用を開始します。(2007/06/12)
  • PFリング故障により、5/26,27のBL-5A,6A,17Aのビームタイムがキャンセルとなりました。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。(2007/05/30)
  • PF-ARリング故障により、5/23までのNW12Aのビームタイムがキャンセルとなりました。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。(2007/05/16)
  • しばらくの間文字化けが発生しておりました。ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。(2007/05/15)


めもCGI by Chama-Net