M e n u



   L i n k s
KEK
高エネルギー加速器研究機構
PF
KEK IMSS 放射光科学研究施設
SBRC
構造生物学研究センター
KEK User Information
共同利用者支援システム

Uni-puckの片付け

 実験が終了しましたら以下の手順で片付けを行い、ビームタイム終了時刻までには必ず片づけを終了させてください。 トングの乾燥やカセットの回収に時間を要するため、ビームタイム終了時刻の15分くらい前に余裕をもって実験を終わらせるようにしてください。
UGUISからの操作が終了したら、それぞれのカセット片づけ方法をご確認ください。

PAM(BL-1A以外)の片付け

PAM-HC(BL-1A)の片付け


UGUISからの操作


  1. [Dismount]ボタンを押し、サンプルピンをカセットに戻す。

  2. Cassetteセクションにある[Clear]ボタンを押す。

  3. Sample listセクションにある[Clear]ボタンを押す。
    csvファイルの保存を確認するメッセージが表示されます。 登録した時のcsvファイルは残ってますので保存しなくても問題ありません。

  4. [Dry]ボタンを押し、トングを乾燥させる。
    この間に実験器具の片づけ、カセットの回収準備をします。 乾燥中にハッチ内に入ることは絶対に止めてください。

  5. UGUI StatusにIdleと表示されたらハッチ内に入りカセットを回収する。

  6. UGUISを終了させる。
    メニューバーから[File]-[Exit]を選択する。


PAM(BL-1A以外)の片付け

  1. ハッチ内に入るには、ステーションコントローラーのShutterをCLOSEにする。キーをexpからreadyにし、キーを外す 。
    外したキーがドアの鍵になり、ドアにキーを入れてOPENにする。
    台車に、液体窒素を入れた青い容器に、PAMデュワー内にあるL字アダプターを戻す。

  2. ハンドルを使用してPAMデュワー内にある、L字アダプターを青い容器に戻す。
    2股の引っかけ棒をつかって、L字アダプターをゆっくり倒す。

  3. PAMデュワーに蓋をしないで実験ハッチから退出する。
    実験ハッチを閉じ、ステーションコントローラーのShutterをOPENにする。
    誤った回収手順でカセットを回収してしまいトング乾燥を中断させたとしても、 ハッチを正しい退出手順で閉じることで乾燥が再開されます。 また、長時間ハッチを開けたままにしますとビーム強度に影響しますので 必ずハッチを閉じるようにして下さい。

  4. 2股の引っかけ棒の先を使用してL字アダプターの側面の2箇所の穴に入る。
    入れたらUni-puckを押し上げる。持ち上がったUni-puckは、Bent Tongsを使用して液体窒素のDewarの中に入れる。

  5. Puck Wandを使用してUni-puckに蓋を取り付ける。
    Bent Tongsを使用して回転させるようにすると簡単にPuck Wandを外すことができます。

  6. J字の引っかけ棒を使ってシッピングケーンをドライシッパーから引き上げる。
    Dewar中にあるUni-puckを、Bent Tongsを使用してシッピングケーンの元の場所に戻す。

  7. 全てのUni-puckを入れたら固定棒を挿入する。
    ドライシッパーに蓋をする。

  8. 使用したツール類をワゴンに戻す。
    可能な限りツール類を乾燥させてからワゴンに戻してください。


PAM-HC(BL-1A)の片付け

  1. ハッチ内に入るには、ステーションコントローラーのShutterをCLOSEにする。 キーをexpからreadyにし、キーを外す 。
    外したキーがドアの鍵になり、ドアにキーを入れてOPENにする。
    蓋のないUni-puckをLoadingToolのねじが付いている棒の方をUni-puck中央のねじの部分にねじこむ。
    このときパックはDewar内の液体窒素であらかじめ冷やしておく。

  2. PAM-HCのガイドとユニパック側面に半円状の凹みをあわせる。
    LoadingToolをまっすぐガイドに合うようにセットし押し込む。
    LoadingToolをガイドの反対側に少し傾けるとUni-puck蓋とピンがUni-puckに戻る。

  3. Dewarに戻したUni-puckを、Bent Tongsで固定しながら、LoadingToolを外す。
    Bent Tongsを使って、Uni-puckをひっくり返す。

  4. J字の引っかけ棒を使ってシッピングケーンをドライシッパーから引き上げる。
    Dewar中にあるUni-puckを、Bent Tongsを使用してシッピングケーンの元の場所に戻す。

  5. 全てのUni-puckを入れたら固定棒を挿入する。
    ドライシッパーに蓋をする。

  6. PAM-HCデュワーに蓋をしないで、実験ハッチから退出する。
    実験ハッチを閉じ、ステーションコントローラーのShutterをOPENにする。 誤った回収手順でカセットを回収してしまいトング乾燥を中断させたとしても、 ハッチを正しい退出手順で閉じることで乾燥が再開されます。 また、長時間ハッチを開けたままにしますとビーム強度に影響しますので 必ずハッチを閉じるようにして下さい。

  7. 使用したツール類をワゴンに戻す。
    可能な限りツール類を乾燥させてからワゴンに戻してください。



[戻る] [ページのTOPへ] [SBRC Homeへ]