M e n u



   L i n k s
KEK
高エネルギー加速器研究機構
PF
KEK IMSS 放射光科学研究施設
SBRC
構造生物学研究センター
KEK User Information
共同利用者支援システム

スナップショット(評価用回折像)測定

スナップショットの撮り方1:Snapshot with angles

  1. Centerタブ内の下側がSnapshot with anglesモードになっていることを確認する。
    初期状態ではSnapshot with anglesになっています。

  2. 測定条件を入力する。

  3. [Start]ボタンをクリックする。
    スナップショットを撮る前に[Advanced ...]ボタンをクリックすることで、更に詳細な条件を設定できます。


スナップショットの撮り方2:Snapshot with positions

  1. Centerタブ内の下側Snapshot with positionsタブをクリックし、Snapshot with positionsモードに切り替える。

  2. センタリング画面で測定位置を登録し、測定条件を入力する。

  3. [Start]ボタンをクリックする。
    スナップショットを撮る前に[Advanced ...]ボタンをクリックすることで、更に詳細な条件を設定できます。


  • 測定位置の登録方法
    Position Editorセクション内、Previewにチェックが入っていることを確認する。

  • 測定位置を任意で登録する
    Freeにチェックを入れ、センタリング画面上を右クリックし、Addをクリックします。
    画面上を右クリック
    測定位置が登録される

  • 測定位置を直線状に登録する
    Divisionにチェックを入れ、センタリング画面上を右ドラッグし(緑色の線が表示される)、はなした時に表示されるAddをクリックすると、直線に沿ってNumber of pointsで設定した個数で等間隔に測定位置が登録されます。
    画面上を右ドラッグし、はなす
    設定した個数だけ測定位置が登録される

  • 測定位置を格子状に登録する
    Gridにチェックを入れ、センタリング画面上を右ドラッグし(緑色の枠が表示される)、はなした時に表示されるAddをクリックすると、格子状に等間隔に測定位置が登録されます。
    画面上を右ドラッグし、はなす
    Number of rows:5  colums:5として登録

  • 測定位置を消去する
    次のサンプルの測定前や、格子状に位置登録後、特定の位置にビームを当てずに測定する場合、以下の手順で測定位置の消去を行ってください。
    ひとつだけ消去する:Position Editorセクション内のプルダウンメニューから消去したい測定位置を選び、[Delete selected]ボタンをクリックする。
    全て消去する[Delete all]ボタンをクリックするか、Snapshot with anglesモードに変更する。


各パラメータについて

  • >Osc. width (deg.)<
    振動角 (0°は指定不可)

  • >Exposure Time (sec.)<
    露光時間

  • >Max. resolution(Å)<
    測定可能な最高分解能
    現在の入射X線エネルギーとカメラのHeight(オフセット)からカメラ距離が調整されます。

  • > Wavelength<
    入射X線の波長

  • >Beam size<  (BL-1A変更不可):
    サンプル直前のスリットの幅
    スクロールバーを動かす、プルダウンメニューから選択する、テキスト欄へ直接入力するなど、いずれかの動作で変更できます。
    ビームサイズはほぼスリットのサイズに等しいので、センタリング画面上の紫色の四角形がビームサイズとなります。

  • >Transmittance<
    入射X線の透過率
    波長から最適なアテネータ(Al)の厚みを計算し、入力された透過率に最も近くなるアテネータがセットされます。 また、使用されるアテネータの厚みが表示されます。

  • [Default]ボタンを押すことで、Osc. widthExposure TimeBeam sizeの値をデフォルト値に戻します。 それぞれのデフォルト値はビームラインによって異なりますのでご注意ください。



Snapshot with Angles
Snapshot with Positions
  • >Flie Name<
    Prefix、Run番号、ファイル番号で構成されていて、Prefixには半角70字までの文字が入力可能です。 Snapshot with positionsモードの場合、Prefix、P##(ポジション番号) 、Run番号、ファイル番号で構成されます。 Prefixにアンダースコア(_)を用いることは、一部データ処理ソフトではRun番号を正しく認識できない場合がありますので推奨いたしません。 [Reset]ボタンを押すことでRun番号を1に、ファイル番号を00001に戻します。 ファイルは Working Directory 下の Snap というディレクトリ内に保存されます。 保存ディレクトリ名および Prefixの既定値は、メニューバーの [Special]-[Files/Directories name] で変更可能です。



  • >Omega<  (Snapshot with Anglesのみ)
    複数の角度をコンマで区切った指定(0, 90など)や、0 - 360°に限らない任意の絶対角度の指定が可能です。 代表的な測定パターンはプルダウンメニューから選択できます。 また、"Current" というキーワードは"現在の角度"を表しており、"Current+90"なら現在の角度+90°を意味します。


参考:Snapshot And Collect Advanceについて

 CENTERタブやCOLLECTタブ内にある[Advanced ...]ボタンを押すと、さらに詳細な設定が可能となります。




読み出しモードの設定
各BLの初期設定 snapshot collect
BL-1A off off
BL-5A hard hard
BL-17A soft off
NW-12A hard hard
NE-3A off off
  • >Detector position<
    1. Distance
      サンプル - 検出器間の距離
    2. Height
      検出器の高さのオフセット値

  • >Data acquisition<
    1. Dark current:ダークカレント測定
    2. 直前に同じ露光時間で撮影したダークイメージを補正に用いる
    3. Binning:読み出しモードの選択
      off:binningをしない
      software:ソフトウェアbinning
        (画像容量はoffの1/4)
      hardware:ハードウェアbinning
        (読み出しがソフトウェアbinningよりも高速)


[戻る] [ページのTOPへ] [SBRC Homeへ]